支援に参加したい方へ

熊本大学には聴覚障がい、肢体不自由、発達障がい等、障がいのある学生が在籍しており、各障がいの種類に合わせたサポートを受けながら大学生活を送っています。学生支援室では、障がいのある学生が望む学修や大学生活が送れるよう、支援を担うサポーターを募集しています。サポート活動は、内容や時間に応じて、サポーターの空き時間に行ってもらいます。ご関心がある方は是非お問い合わせください。

 

サポーターの活動内容

  • 聴覚に障がいのある学生へのサポート
    • ノートテイク (紙とペンを使い、音声を文字にして伝える)
    • パソコンテイク (パソコンを使い、音声を文字入力して伝える)
    • 映像教材の文字起こし (ビデオやDVDなどの映像に文字をつける)
    聴覚障がい学生サポーター室の紹介
    熊本大学聴覚障がい学生サポーター室は、週に一度、聴覚障がい学生とテイカーが集まり、テイクについて振り返る場を設けています。他のテイカーからアドバイスをもらうだけでなく、聴覚障がい学生本人から具体的な希望を聞くことで、より実態に即した支援を行うことが出来ます。この時間があることで、熊本大学はお互いの距離が近いことが特徴です。週に一度の反省会のほか、食事会や誕生日会、クリスマスパーティーなど、折々にイベントを行うので、テイカー同士はもちろん聴覚障がい学生とも親交が深まります。
  • 身体に障がいがある学生へのサポート
    • 車椅子介助(移動介助)
  • その他学生へのサポート
    • レポートや課題、勉強方法等のアドバイス

    サポーターの活動内容は、障がいのある学生の在籍状況などによって変わります。

Page Top